Youtuberで動画を作る際には本題に関係ない話は極力短くしよう

Youtuberとして人気になるには、視聴者にとって快適に見られる動画を目指す必要があります。
快適に見られる動画というのは、テンポが良い動画であって、逆にテンポが悪い動画というのは見ていてイライラしてくることになります。
テンポが良いというのは編集をしっかりとやるという点が重要で、不要な部分をカットしていくというのが特に重要です。
ただ、実は見逃している面としては、動画の中における本題に入るまでの部分なのです。
動画が始まって、その動画の本題に入るまでに、本題とは直接関係ないような部分が含まれている動画があります。
その部分というのは短ければ大して気にならないのですが、その部分が長いと視聴者としては早く本題に入ってくれとイライラしてくる可能性があるのです。
したがって、その点を考慮してほしいのですが、前置きのような部分を作るのが悪いとは思いませんけど、長くても1分程度に収めてほしいと思います。
Youtubeは早送りというか、前置きを飛ばして本題のところまですぐに移ることができますけど、そういったことをしながらも内心は多少イライラしていることになってしまいますから。
そして、イライラを募らせてしまった時点で、それ以降の動画を見てくれる確率が下がってしまうということが言えるのです。
だからこそ、視聴者をイライラさせない、快適に視聴できるような動画というのは、人気になりやすい、伸びやすいということになります。
カット編集というのは、Youtuberとしての基本に近い部分になりますけど、本題とは関係ない話題というのは、視聴者にとって興味がない話題である可能性があります。
動画を作っている本人らにとってはそういったところも動画の楽しみの1つだと思っている可能性はありますが、視聴者が全く同じ感覚であるとは言えないのです。
だからこそ、そういう想像力を働かせていくということは、Youtuberとしてやっていくうえでは非常に大切な面になります。
本題以外の部分を入れる際には、その部分によって視聴者をイライラさせないような工夫が必要ということなのです。
そのためには本題以外の話題の時間が重要で、長くても1分くらいまでにしておくと良いというのは、特にポイントになると思います。
動画のタイトルに惹かれて再生をしているわけですから、それに関係ない話を聞きたいわけではないという点は全員が意識しておくと良いのではないか?と思います。