暴落や暴騰した時に仮想通貨の取引をする

仮想通貨は、たまに記録的なレートになる事があります。数ヶ月や1年ぶりのレートを記録する事もあって、たまには暴落もあるのです。しかし暴落している時は、仮想通貨の買い時とも言えます。他の投資商品のセオリーは、仮想通貨にも応用できるのです。

暴落した時は買いのチャンスである理由

他の投資商品でのセオリーの1つに、「暴落した時の買い」があります。株価などは、たまに暴落することがあるでしょう。暴落したというニュースが流れる事もありますが、その際に買ってみるやり方があるのです。
そもそも株などの投資商品は、高値掴みは避けたいものです。株価が高いタイミングで買ってしまえば、暴落した時には損失になってしまうでしょう。
むしろ安いタイミングで買うべきなのです。株価がある程度安くなっても、どこかのタイミングで上昇する事はよくあります。
というのも、下がりすぎた価格は持ち直す傾向があります。一旦は大幅に下げたとしても、多くの投資家は「さすがに下がりすぎ」と判断しますから、買いの注文が入ることもよくあるのです。ですから株価が暴落した時は、ある意味買い時とも言えます。

暴落した時に仮想通貨を買ってみる

全く同じ事は、仮想通貨にも当てはまるのです。この通貨も、時には大きく下落する事はあります。時には1年ぶりの大幅下落になる事もあります。
ただ仮想通貨も、やはり株と同じような特性があります。一旦は大きく下がったとしても、やはりどこかのタイミングで持ち直す傾向はあるのです。という事は、仮想通貨が暴落した時に買い注文を入れてみるやり方もあるでしょう。実際、買った後にリバウンドの上昇が発生して、利益が発生する事もよくあります。「安くなった時に買う」というセオリーがありますが、実際その通りなのです。シンプルなセオリーで取引すれば、利益が生じる事もよくあります。

暴騰している時に空売りを仕掛ける

また仮想通貨の場合は、空売りも可能です。下がった時でも大きな利益が生じるのは、この金融商品のメリットの1つです。
そもそも仮想通貨は暴落するだけではありません。暴騰もあります。急上昇も長く続くわけでなく、どこかのタイミングで大幅下落になる事はあります。いわゆる調整の下落と表現される事もありますが、その際に空売りを仕掛けてみれば、大きな利益が生じるでしょう。
幸いにも仮想通貨の場合は、比較的簡単に空売りを仕掛ける事ができます。株の信用取引のようにハードルは高くありません。上昇が続いている時は、空売りも仕掛けてみると良いでしょう。